フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« エルサレムの救いと浄化(3)(14章) | トップページ | 聖書のよもやま話 目次 »

2022年7月 4日 (月)

イザヤ書前置き

イザヤ書は66章からなる壮大な預言書です。
分量的にも、また内容においても、偉大な書であると言われています。

 

今まで私は、この書だけは手に負えないと思って真に向き合うのを避けてきましたが、人生も終わりに近づき、思い切って取り組むことを通して、御霊の助けで神の救いのご計画の全貌をもっと深く知りたいと思い、挑戦してみたいと思いました。

 

さて、著者は、アモツの子イザヤです。イザヤは、南ユダ王国で四代の王に使えました。結婚して二人の息子がいました。
イザヤと言う名の意味は、「ヤハウェは救い」です。

 

量は膨大なので、著者は複数かとおもいましたが、分かりません。
ただ言えることは、文脈から見ると編集者は一人だと思います。

 

即ち、イザヤ自身が記したもの第一イザヤ(1~39章)と第二イザヤ(40~66章)を一つにまとめてイザヤ書とした編集者がいると言うことです。
自分のことを三人称で表現しているからです。

 

 

 

なお、ある解説では次のような見方をしていましたので、そうであれば、預言者が三人いたことになります。
イザヤ書を著した預言者は、第一イザヤは、その預言の内容から、ウジヤ王の死後(紀元前736年ごろ)から、ヒゼキヤ王の時代、アッシリア軍による南ユダ王国の首都エルサレム包囲(紀元前701年ごろ)という大事件が起こったころまでの間で、南ユダ王国で活躍した預言者です。

 

第二イザヤは、それから200年ほど下った紀元前539年、ペルシア王キュロスがバビロンを占領し、イスラエルを解放する前後にバビロンで活動した預言者です。
第三イザヤは第二イザヤの弟子で、バビロンから帰国して困難な生活をしている民を慰め励ますために活動した預言者です。

 

イザヤは南ユダ王国の首都エルサレムに住み宮廷に出入りしていました。
6章1節から13節を読むと職業は祭司かとおもいますが証拠はないそうです。
宮廷での奉仕期間はおよそ60年です。

 

調べてみると、イザヤ書は二つ、あるいは三つに分けられることがあるそうです。
読み進めるに際し、理解に役立つと思いますので、記しておきます。

 

なお、二つの場合は、1~39章までの部分と40~66章までの部分に分けますが、分けられたのには、理由があるのですが、イエス・キリストは、イザヤがイザヤ書全体の著者と認めていると思いますので(ルカの福音書4章17から19節)、省略します。
三つの場合の区分けは下記の通りです。

 

第一イザヤ(1~39章)、バビロン捕囚前にエルサレムでの40年間の預言で、主の懲らしめと裁きが中心に描かれています。
第二イザヤ(40~55章)、バビロン捕囚地での預言で、慰めと回復のメッセージです。

 

第三イザヤ(56~66章)、バビロン捕囚から帰還後の預言で、慰めと回復のメッセージです。
纏めると、1章から12章までは、ユダとイスラエルに対する神の裁きです。
小イザヤ書と言われている部分です。

 

13章から27章までが、イスラエルの周辺の諸国と地上全体に対する神の裁きです。
28章から再び、イスラエルとユダの問題が「災いだ」という声で始まりますが、最後は回復します。
預言された期間は約53年(ユダの王ウジヤが死んだ後783年から、ヒゼキヤの統治期間が終わった紀元前687年までの間)の長期に及びますが、内容は一貫していて、統一された書として解釈される必要があると言うことです。

 

この53年間の時代背景は、一言で言えば、アッシリアという国が台頭して来て近隣諸国を併合していました。
そして紀元前734年には北イスラエルの住民がアッシリアに捕囚され、紀元前721年にはついに首都サマリヤが陥落しました。

 

一方、南ユダ王国は、アッシリアが南ユダのエルサレムの近隣の町々まで破壊して、残るはエルサレムだけになっていました。
その時、ヒゼキヤ王の祈りに答え主は、奇跡をもって彼らを救い出されました(38章、紀元前701年)。エルサレムを取り囲んだアッシリアの185,000人の軍隊が一夜のうちに滅ぼされてしまうという奇跡です。

 

しかし、そんなヒゼキヤ王もやがて高慢になり罪を犯し、ついにはバビロンに捕らえ移され、エルサレムも崩壊します。
そのような、北イスラエルも、南ユダも他国によって滅ぼされてしまうという危機的な状況の中で、この預言が語られたのです。
イザヤ書全体の主要メッセージは神の民イスラエルの「審判と回復」です。

 

イザヤ書は、1章1節に「アモツの子イザヤが、ユダとエルサレムについて見た幻」とありますので、「ユダとエルサレムについて、彼が、ウジヤ、ヨタム、アハズ、ヒゼキヤの治世に見た幻」が記されているのです。
イザヤは幻を見て見たことを語ったのです。

 

イザヤが見た幻が示す範囲は、イザヤの時代の近未来を預言するとともに「その日」の出来事も預言、すなわち、神のご計画における「終わりの日」にまで及んでいますので、すでに歴史の中で起こったことと、いまだ実現していないことが含まれているのです。
神によって裁かれた民の人間的に見るならば不可能とおもわれる回復を預言するのです。

 

それは、ヨハネの黙示録によると、終わりの日のメシアの再臨によってこの地上に実現するメシア王国(千年王国)です。(ヨハネの黙示録20章)

 

聖書に一貫して流れるのは、神と神によって選ばれた民イスラエルとの壮大な愛のかかわりというか選びと裁きと回復のドラマなのですが、私たち異邦人の救いもそのご計画の中に付け加えられる形で預言されています。

 

このように、イザヤの預言の射程は預言当時の時代のみならず、むしろ、神のご計画の全体に及んでいます。
それゆえ、神のご計画の全体像、ないし神のご計画の実現までの出来事、すなわち、終わりの日のキリストの再臨前に起こる事を知っておくが大切でしょう。

« エルサレムの救いと浄化(3)(14章) | トップページ | 聖書のよもやま話 目次 »

イザヤ書を読む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エルサレムの救いと浄化(3)(14章) | トップページ | 聖書のよもやま話 目次 »