フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月の記事

2021年11月 6日 (土)

知恵の勧め㈢(8章)

聖書の箇所は、8章1節から36節です。
8章には、3度目の「知恵の勧め」という小見出しがつけられています。

 

知恵は人が人生を誤らないように導くから、金銀に勝る価値を持つとします。
知恵を擬人化して、知恵自身が教師となって人々を教えるという形をとっています。

 

●1節.知恵が呼びかけ/英知が声をあげているではないか。
新改訳は「知恵は呼ばわらないだろうか。英知はその声をあげないだろうか。」です。

 

原文では、「知恵であるわたし」(「わたしは知恵」)と明言されているそうです。
その知恵であるわたしが、そう、「知恵」と「英知」が、声を上げて、呼んでいる」のです。

 

1章でも「知恵」が擬人化されて「わたし」と表現されて、「知恵は巷に呼ばわり/広場に声を上げ・・叫び、・・語りかける。」(20~21節)とあるにもかかわらず、それを「拒み、意に介せず、なおざりにし、受け入れないなら」(24~25節)とあります。

 

●2節.高い所に登り、道のほとり、四つ角に立ち
新改訳は、「これは丘の頂、道のかたわら、通り道の四つ角に立ち、」です。
●3節.城門の傍ら、町の入り口/城門の通路で呼ばわっている。
新改訳は、「門のかたわら、町の入口、正門の入口で大声で呼ばわって言う。」です。

 

 

 

続きを読む "知恵の勧め㈢(8章)" »

知恵の勧め㈣(9章)

聖書の箇所は、9章1節から6節です。
9章は、知恵の最後の招きです。
構成は、三つの部分かられます。新共同訳は1〜6節を「知恵の勧め (4)」とし、7〜12節を「格言集 (2)」、13〜18節を「愚かな女」としています。

 

1〜6節は、擬人化された「知恵」が自分の家を建て、食卓を整えて、そこに人々を招こうとしていますが、その内容は預言的です。

 

●1節.知恵は家を建て、七本の柱を刻んで立てた。

 

1節の「七つの柱」は、その部屋が相当広い面積のある広間であることを表わしています。

 

●2節.獣を屠り、酒を調合し、食卓を整え
新改訳は、「いけにえをほふり、ぶどう酒に混ぜ物をし、その食卓も整え、」です。
●3節.はしためを町の高い所に遣わして/呼びかけさせた。
新改訳は、「小娘にことづけて、町の高い所で告げさせた。」です。

 

 

続きを読む "知恵の勧め㈣(9章)" »

2021年11月13日 (土)

格言集㈡(9章)

聖書の箇所は、9章7節から12節です。
この箇所で言っている「知恵のある者」とは、戒めを受けることができる謙虚、叱責を受け入れ、教えを聞き入れることができる謙虚さを指すのでしょう。

 

自己中心的にものを考え、自分の都合に合わせて聞くことを取捨選択するのではないのです。
謙虚の内容は、「戒め」であり「責め」であり、そして「教え」です。

 

これらの働きによって神と親しく交わることが出来るのです。
戒めは正すこと、矯正することです。責めは、過ちを指摘すること。そして教えは、何が良くて悪いのか明らかにすることです。

 

●7節.不遜な者を諭しても侮られるだけだ。神に逆らう者を戒めても自分が傷を負うだけだ。
新改訳は、「あざける者を戒める者は、自分が恥を受け、悪者を責める者は、自分が傷を受ける。」です。

 

7節から9節は、賢い者と嘲る者を対比しています。

 

 

続きを読む "格言集㈡(9章)" »

愚かな女(9章)

聖書の箇所は、9章13節から18節です。
●13節.愚かさという女がいる。騒々しい女だ。浅はかさともいう。何ひとつ知らない。
新改訳は、「愚かな女は、騒がしく、わきまえがなく、何も知らない。」です。
●14節.自分の家の門口に座り込んだり/町の高い所に席を構えたりして
●15節.道行く人に呼びかける/自分の道をまっすぐ急ぐ人々に。
新改訳は、「まっすぐに歩いて行く往来の人を招いて言う。」です。

 

高貴な知恵の女が、通りで、高い所で、大声で叫んだように、同じことを愚かな女がやっています。
本来なら隠れたところで、暗がりでやっていたのですが、公の場では知恵が叫んでいるので競争して、自分も前に出てきているのでしょう。
これまでは隠れたところでしか見ることができなかったものが、表に出てきたと言うことでしょう。

 

●16節.「浅はかな者はだれでも立ち寄るがよい。」意志の弱い者にはこう言う。
新改訳は、「わきまえのない者はだれでもここに来なさい。」と。また思慮に欠けた者に向かって、彼女は言う。」です。

 

「思慮に欠けた者」の原語は、「心の欠けている者」だそうです。
その人の考え(意志)がその人の思いや行動を支配するので、たとえ人が思慮に欠け、意志が弱かったとしても、知恵も愚かな女も「知性」(考え)に訴えるのです。

 

 

続きを読む "愚かな女(9章)" »

ソロモンの格言集10章

聖書の箇所は、10章1節から32節です。
10章は、「ソロモンの格言集」という言葉で始まっています。

 

これまでは、父が子に語る訓戒の形式で話が進んできましたが、ここからは、一つ一つの短い格言集になっていて、テーマは、「正しい者と悪者」です。

 

格言の多くが対比、つまり、正しい者はこうこうこうであるが、悪者はこうである、という対比になっています。
一節一節が自己完結した格言ですから、順番に読んでも一貫した流れがありません。

 

●1節.ソロモンの格言集。知恵ある子は父の喜び、愚かな子は母の嘆き。
新改訳は、「知恵のある子は父を喜ばせ、愚かな子は母の悲しみである。」です。

 

子に対する両親の喜びと悲しみが記されています。
家庭教育をしたとしても、子供は「知恵のある子」あるいは「愚かな子」ともなり得ます。

 

この「知恵」と言うのは、「主を恐れることは知恵の初め、聖なる方を知ることは悟りである」(9章10節)とあるように、創造主との関係で言われることだと思うのですが。

 

子どもがみな「知恵のある子」となるなら、その子は親にとって「喜び」となりますが、逆に「愚かな子」となるなら、親にとって「悲しみ」となります。
この「悲しみ」は、「憂い」とも「重荷」とも訳されているそうです。

 

 

続きを読む "ソロモンの格言集10章" »

2021年11月20日 (土)

ソロモンの格言集11章

聖書の箇所は、11章1節から31節です。
●1節.偽りの天秤を主はいとい/十全なおもり石を喜ばれる。
新改訳は、「欺きのはかりは主に忌みきらわれる。正しいおもりは主に喜ばれる。」です。

 

昔、市場で物を買うときにお店で秤を使っていたことがあります。
一方に重石を載せて、もう一方に品物を載せて、その品物の重さを量って値段を決めるわけですが、その重石を偽って、品物が実際よりも重く見せ値段を高く決めるという不誠実な商売人もいたようです。
この箇所は、商取引で、そのような不正をしてはいけない、という戒めでしょう。

 

●2節.高慢には軽蔑が伴い/謙遜には知恵が伴う。
新改訳は、「高ぶりが来れば、恥もまた来る。知恵はへりくだる者とともにある。」です。

 

高慢は、神様が忌み嫌われます。
「高慢には軽蔑が伴い」ですが、誰もが高慢な人だと思っている人が、その人が思うところと違う扱いをされた場合、周りの人はその人を軽蔑してみるでしょう。その人は恥ずかしい思いをします。ね~。なぜって「思い上がって人を見下

 

●3節.正しい人は自分の無垢に導かれ/裏切り者は自分の暴力に滅ぼされる。
新改訳は、「直ぐな人の誠実は、その人を導き、裏切り者のよこしまは、その人を破滅させる。」です。

 

ここは、「裏切り者」が滅ぼされて、「正しい者」が救われるという対比が行われています。
「正しい人」(「直ぐな人」)は、その人が無垢(誠実)であることによって、それによって導かれる反面、よこしまは裏切者を破滅させるとします。

 

●4節.怒りの日には、富は頼りにならない。慈善は死から救う。
新改訳は、「財産は激しい怒りの日には役に立たない。しかし正義は人を死から救い出す。」です。

 

 

続きを読む "ソロモンの格言集11章" »

ソロモンの格言集12章

聖書の箇所は、12章1節から28節です。
●1節.諭しを愛する人は知識を愛する。懲らしめを憎む者は愚かだ。

 

諭し(訓戒)と叱責(懲らしめ)を愛する者は知識があり、それを捨てる者(憎む者)は間抜け者、あるいは愚か者です。
諭し(訓戒)とか叱責(懲らしめ)を聞こうとする者は、自己を無にし、受け入れることを前提に聞く者でしょう。

 

●2節.善人は主に喜び迎えられる。悪だくみをする者は罪ありとされる。

 

「善人」とは、神を求める人、主に心を開く人のことでしょう。「悪だくみをする者」その反対でしょう。神が共におられたら、悪だくみはできませんからね。

 

主からの恵みと言うのは、この世に限らず来世にかけてのことでしょう。
だから「主に喜び迎えられる。」と言う言葉を使っているのでしょう。

 

●3節.神に逆らえば、固く立つことはできない。神に従う人の根は揺らぐことがない。
新改訳は、「人は悪をもって身を堅く立てることはできず、正しい人の根はゆるがない。」です。

 

悪人(神に逆らう人)と義人(神に従う人)の違いは、揺るがない人生がどうかの違いです。
悪人は身を堅く立てることはできませんが、正しい人は神が共におられますから、揺らぎません。

 

何もなければ両者にあまり違いはないと思うのですは、死が近づいたとか、財産を失ったとか、試練に遭ったときに大きな違いが出てくるのでしょう。

 

 

続きを読む "ソロモンの格言集12章" »

2021年11月26日 (金)

ソロモンの格言集13章

聖書の箇所は、13章1節から25節です。
●1節.子は父の諭しによって知恵を得る。不遜な者は叱責に聞き従わない。
新改訳は、「知恵のある子は父の訓戒に従い、あざける者は叱責を聞かない。」です。

 

ここで「父」と言うのは、神に従う人ですから、その父の諭しを聞く子供を知恵ある子とし、その知恵(諭し)の意味を悟るので、教訓を聞きます。

 

逆に、「不遜な者」(あざける者)は、その意味を知ろうとしないので、叱責に聞き従わない。

 

●2節.口の言葉が結ぶ実によって/人は良いものを享受する。欺く者の欲望は不法に向かう。
新改訳は、「人はその口の実によって、良いものを食べ、裏切り者は、暴虐に食べる。」です。

 

ここで暴虐とは、むごいことをして人を苦しめることを射ているのでしょう。

 

●3節.自分の口を警戒する者は命を守る。いたずらに唇を開く者は滅びる。
新改訳は、「自分の口を見張る者は自分のいのちを守り、くちびるを大きく開く者には滅びが来る。」です。

 

ここは自分の語る口についての格言です。
内容は2節と同じです。何でもかんでも言いたいことを言うこと(いたずらに唇を開く者、くちびるを大きく開く者)に対して、自分の口を見張る(警戒する)ことは知恵あること(命を守るから)だとしています。

 

愚かな者はつねに愚かなことを大きな口を開いて多く語るものです。それが原因で自らを滅ぼすのです。

 

 

続きを読む "ソロモンの格言集13章" »

ソロモンの格言集14章

聖書の箇所は、14章1節から35節です。
●1節.知恵ある女は家庭を築く。無知な女は自分の手でそれをこわす。

 

ここを言い換えると、知恵ある女はその家を建てるが、愚かな女は働かないので、自分の手でそれを壊してしまう、と言うことでしょう。
女性の家における役割の大きさを表しているのでしょう。

 

ということで、神から権威を与えられている夫(父)は、パートナーである知恵ある妻の助言に耳を傾けるということが重要になります。
もし家庭におけるかしらである夫(父)が、権威だけを振り回すなら、家庭が破綻して多くの痛みを経験することになります。
その庇護の下にある子どもたちは不安になり、最悪、家庭を壊してしまことになるでしょう。

 

それゆえ夫婦はお互いに主を恐れる者として、家庭を守る知恵を聖書から学び、賢明な判断と態度によってそれを現実的なものとしなければなりません。

 

●2節.主を畏れる人はまっすぐ歩む。主を侮る者は道を曲げる。
新改訳は、「まっすぐに歩む者は、主を恐れ、曲がって歩む者は、主をさげすむ。」です。

 

まっすぐに歩む者(主を知る者)は主を恐れる、曲がって歩む者(主を知らない者、侮る者)は、その言葉(知恵)を知らぬゆえ主を侮るのです。

 

主を恐れるものは知識の初め、とあるように、まっすぐに歩む者は主を恐れます。

 

●3節.無知な者の口には傲慢の杖。知恵ある人の唇は自分を守る。
新改訳は、「愚か者の口には誇りの若枝がある。知恵のある者のくちびるは身を守る。」です。

 

 

続きを読む "ソロモンの格言集14章" »

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »