« イエスとぺトロ | トップページ | はしがき »

2018年11月 9日 (金)

イエスとその愛する弟子

聖書の箇所は、ヨハネの福音書21章20節から25節です。

●20節.ペトロが振り向くと、イエスの愛しておられた弟子がついて来るのが見えた。この弟子は、あの夕食のとき、イエスの胸もとに寄りかかったまま、「主よ、裏切るのはだれですか」と言った人である。

ここを読むと、イエスの愛しておられた弟子は、やはりヨハネのことでしょう。ですから、この福音書はヨハネのイエス伝承をもとに著わしていると思います。

●21節.ペトロは彼を見て、「主よ、この人はどうなるのでしょうか」と言った。

「主よ、この人はどうなるのでしょうか」と、ペトロは「イエスの愛しておられる弟子」ヨハネを見てイエスにこのように言ったのですが、これはイエスがヨハネのことについて、「わたしがくるときまで彼が生きている」と言ったと言う噂があったので、それに対する問いかけでしょう。

なお、ペトロはイエスとほぼ同じ年代か少し若い年代で、イエスに召されたときは三〇歳代で、紀元六〇年代前半に殉教しましたので、そのときは六〇歳代ではと言われています。


そして、「イエスの愛する弟子」ヨハネは、一〇歳代半ばで弟子となりましたが、若かったので十二使徒の中には入れなかったということです。

ヨハネは「イエスが愛された弟子」として、つねにイエスの身近にいました。

そしてヨハネは長く生き、ペトロの殉教後もかなりの期間宣教活動を続けていたと言うことです。

なお、ヨハネは殉教で死ななかったと言われています。

解説では、おそらく、ペトロが殉教した六〇年代前半に、この弟子はエフェソに移住して活動し、エフェソ周辺に彼の証言を拠り所とする共同体(ヨハネ共同体)を形成したと考えられているそうです。

●22節.イエスは言われた。「わたしの来るときまで彼が生きていることを、わたしが望んだとしても、あなたに何の関係があるか。あなたは、わたしに従いなさい。」

「わたしの来るときまで彼が生きていることを、わたしが望んだとしても、あなたに何の関係があるか。」とイエスはペトロの質問に応えられます。

つまりイエスは、ヨハネのことを決めるのはペトロではなく自分だと言っておられるのです。

したがって、「イエスが来る時まで彼は生きている」という噂を肯定されているわけではないのです。

ペトロにはヨハネのことを気にしないで、自分に与えられた使命を果たすことに専念しなさいという意味でしょう。

イエスはそれぞれの弟子に、その弟子でなければ果たせない使命を与えておられるのでしょう。

ペトロには、イエスの民の牧者としての使命を与え、そののちイエスと同じような姿、十字架で死ぬ(実際は逆さ十字架)運命という方法で神の栄光を現す道を備えられました。

それに対して、他の弟子たちに比べてⅠ世代若いヨハネには、ペトロの殉教をはじめ殆どの弟子が世を去った後にも活動を続けるという道を用意されたのです。

●23節.それで、この弟子は死なないといううわさが兄弟たちの間に広まった。しかし、イエスは、彼は死なないと言われたのではない。ただ、「わたしの来るときまで彼が生きていることを、わたしが望んだとしても、あなたに何の関係があるか」と言われたのである。

イエスはヨハネの噂を明確に否定されなかったので、「この弟子は死なないといううわさが兄弟たちの間に広まった」のです。

そういううわさが広まったのは、イエスが明確に否定されなかったということもありますが、一つは、ヨハネが最も若かったということでしょう。

それにこの時代、エルサレムの共同体は、イエスが直ぐにでも(自分たちが生きているうちに)再臨されるという信仰を持っていたという背景があると思います。

それは、信徒は財産をすべて処分して寝食を共にする共同体を形成していたことからもわかります。

ヨハネはかなり高齢になって世を去りましたが、この福音書の編集者が21章を付け加えたときには既に死んでいたのでしょう。

そこで編集者は、信徒たちの間に広まっているこの噂が(イエスの予告が)成就しなかったということで信徒たちが動揺するのを恐れて、イエスは彼が死なないと言われたのではなく、「・・わたしの来るときまで彼が生きていることを、わたしが望んだとしても、あなたに何の関係があるか」というイエスの言葉で訂正したのではないかということです。

●24節.これらのことについて証しをし、それを書いたのは、この弟子である。わたしたちは、彼の証しが真実であることを知っている。

「これらのことについて証しをし、それを書いたのは、」の人物は、まさにヨハネのことでしょう。

つまり、この福音書の著者は「イエスが愛された弟子」であることが明言されています。

「彼の証しが真実であることを知っている。」は、「イエスが愛された弟子」であるヨハネの証言を聴いてイエスの弟子となったヨハネ共同体の者は自分たちの師であるヨハネの証が真実であることを知っていると言っているのでしょう。

なぜその様に言えるのかと言えば、彼らは御霊に満たされた中で、ヨハネが語るイエス伝承が真実であることを確信したからです。

●25節.イエスのなさったことは、このほかにも、まだたくさんある。わたしは思う。その一つ一つを書くならば、世界もその書かれた書物を収めきれないであろう。

ここの「わたしは思う。」のわたしとは、この21章を書きくわえた編集者のことでしょう。

編集者は、この福音書に書かれているイエスの働きと教えの言葉は、「イエスがなさったこと」のごく一部であって、そのすべてを書物に書き収めるできないことを強調しているのです。

なお、このヨハネの共同体は、二世紀には周囲の主流の共同体に溶けこんで消えていったのではないかということです。

« イエスとぺトロ | トップページ | はしがき »

ヨハネの福音書を読む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208854/67362035

この記事へのトラックバック一覧です: イエスとその愛する弟子:

« イエスとぺトロ | トップページ | はしがき »